高校野球

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551397739/
    20190203-00010000-wordleafs-000-6-view

    1: 風吹けば名無し 2019/03/01(金) 08:48:59.95 ID:dvS6JLxv0
    秋田の農業高校が鹿児島実業、大垣日大、横浜、近江、日大三を
    1人のピッチャーで倒すとかやばすぎでしょ

    【実際、金足農業の快進撃って感動したよな? 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550691924/
    f15fe1be-l

    1: 風吹けば名無し 2019/02/21(木) 04:45:24.77 ID:vJXQegJz0
    高校卒業してからガチでやる奴なんて言うほどおらんやろうし

    【高校野球に球数制限を強要するのっておかしくね? 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550553940/
    f15fe1be-l

    1: 風吹けば名無し 2019/02/19(火) 14:25:40.36 ID:K6MLPQT20
    いい加減にしろよこいつら...

    大阪桐蔭 2019新入生
    7藤○ ボーイズ日本代表
    6石○ ボーイズ関西選抜
    8池○ U-15日本代表4番/カルリプケン/オリックスJr
    5宮○ ボーイズ日本代表4番/中日Jr
    8花○ U-15日本代表1番
    3前○ シニア関西選抜
    4竹○ U-15日本代表
    2坂○ U-15日本代表
    1樋○ U-15日本代表

    左のエース
    松○ カルリプケン代表/日本ハムJr

    【【悲報】大阪桐蔭さん、今年も日本代表クラスの中学生を大量補強 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550110785/
    1: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 11:19:45.73 ID:9Lxi/xyo0St.V
    中学硬式野球で最速138キロの北海道ナンバー1左腕・松浦慶斗(15)=旭川大雪ボーイズ、
    旭川明星中3年=が甲子園春夏7度の優勝を誇る大阪桐蔭高校(大阪)に進学することが13日、分かった。
    このほど同校の推薦試験に合格した。松浦は甲子園制覇、将来のプロ挑戦に闘志を見せた。

    極寒、雪深い旭川で鍛錬を続ける松浦に、春の吉報が届いた。高校野球の超名門、大阪桐蔭に合格。
    184センチ、88キロ。この冬のトレーニングでまた体を大きくした左腕は「全国トップレベルの高校で野球を続けられるのは幸せ。
    1日でも早く試合に出場、先輩と力を合わせ甲子園優勝を目指したい」と目を輝かせた。

    最速138キロのストレートに加え、カーブ、スライダー、フォーク、スプリットと多彩な変化球を持つ。旭川大雪ボーイズでは打線の中軸も務めた。
    小学6年で日本ハムファイターズジュニア入り、中学1年で日本代表としてカル・リプケン12歳以下世界大会(米国)に出場、決勝の米国戦など3戦に登板し、優勝に貢献した。

    野球センスが抜群なのは野球一族だからでもある。父の吉仁(よしと)さんは北海高で2度甲子園に出場した。
    その後、社会人・山陽国策パルプ旭川(現・日本製紙)で活躍、同社石巻野球部監督も務めた。
    母の美雅(みか)さんの妹の古谷理江さんの次男は福岡ソフトバンク・古谷優人投手(19)。
    江陵高時代に最速154キロを計測し、16年ドラフトで2位指名された。小さい時から親戚で集まる時は一緒にキャッチボールした。

    【【朗報】北海道NO1左腕・松浦がヤバい、中学で最速138キロ184センチ 大阪桐蔭へ 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549826114/
    ab3b8191-3a65-4f16-90cf-598a92f08408

    1: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 04:15:14.04 ID:PXTnlc2nM
    「2月20日」が、高校野球の分岐点になりそうだ。

    昨年末、新潟県高校野球連盟は投手が1試合に投げられる投球数を制限すると決めた。1試合当たりの球数を100球までにするという。
    2019年春季大会に限定したルール化であり、大会終了後に「球数制限が故障防止に効果があったどうか」などを検証することになっている。
    この新潟県の決断に全国を統括する日本高等学校野球連盟(以下=高野連)は否定的な見解を見せているそうだ。

    「2月20日に高野連は理事会を招集します。そこで議案に上げることは決まっていますので、投球数制限についての意見交換がされるのは間違いありません」(私立校指導者)

    そもそも、1試合で投げられる投球数や登板間隔について「明確なルール作りをすべき」だとの声が高まったのは、昨夏の甲子園大会がきっかけだった。

    金足農・吉田輝星投手が地区予選1回戦から甲子園大会決勝戦までを1人で投げ、最後は力尽きるようにして後続にマウンドを譲ったシーンが、あまりにも衝撃的だったからだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1686960/?page=2

    【【野球】吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100試合限定」を正式協議へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ