高校野球

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566511280/
    AS20180411002969_commL

    1: 風吹けば名無し 2019/08/23(金) 07:01:20.28 ID:LhM6Z9El0
    鶴岡東-関東一

    【今年の甲子園で一番記憶に残ってる試合 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566443068/
    20190822-00000040-dal-000-13-view

    1: 風吹けば名無し 2019/08/22(木) 12:04:28.18 ID:GGwdjmzIM
     開星高校野球部元監督の野々村直通氏が22日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演し、猛暑の中の高校野球について
    「暑さに耐えるのも教育」と持論を訴え、コメンテーターの玉川徹氏、高木美保を困惑させた。野々村氏は監督として春夏合計9回甲子園に行った経験を持つ。

     番組ではこの日に高校野球の決勝が行われることから、審判の判定や炎天下での練習、球数制限など、さまざまな問題について議論を重ねた。

     その中で、玉川氏がグラウンドの気温のあまりの高さに「よく今まで死ななかったなと。熱中症で」とコメントすると、
    野々村氏は「鍛えてたら死にませんよ」とあっさり。これに高木らは「いやあ、それは違う」「ある種の拷問」と猛反発した。

     野々村氏は、現在の気候が以前とは違うことは認識しており「確かに昔と全然違う。だから給水時間や、日程を考えるのは絶対やるべき」
    と訴えたが、パネルで、野々村氏の主張として「暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育」
    という言葉が紹介されると、コメンテーター陣は一斉に「いやいやいや…」と首を振った。

     だが野々村氏はひるまない。「何もかも、エアコンが効いたハウスでやる競技をしちゃダメ。
    ここまでは限界、でももうちょっとやれるっていうのは、そのために指導者、責任者がいる。そういう判断力ある指導者がこれから出て来ないと」と持論を展開。

    【開星高校野球部元監督「暑さに耐えるのも教育だ!鍛えてれば熱中症なんかならんわ!」 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566419039/
    20190812-OHT1I50153-T

    1: 風吹けば名無し 2019/08/22(木) 05:23:59.36 ID:OcYlz2Vr0
    もう星稜で決まりみたいな風潮やめーや

    【【悲報】星稜-履正社、甲子園決勝なのに空気過ぎる 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566369345/
    20190730-00000502-sanspo-000-1-view

    1: 風吹けば名無し 2019/08/21(水) 15:35:45.46 ID:CoSp1F0l0
    190cm / 86kg

    こんなん取りに行かない理由がないだろ
    甲子園出てないから肩も大丈夫

    【佐々木郎希、最速163km 平均急速145~151km 球種スライダー・フォーク・チェンジアップ←これさぁ 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566363442/
    20190821-00000013-nkgendai-000-2-view

    1: 風吹けば名無し 2019/08/21(水) 13:57:22.40 ID:SlMv0FeXa
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000013-nkgendai-base
    「打者は評価しづらいね。技術はもちろん、大したパワーがない割に
    打球がメチャクチャ飛ぶんだから」

    パのベテランスカウトがこうボヤいた。

    今夏の甲子園は、とにかく点が入る。9日には仙台育英(宮城)が
    飯山(長野)相手に20―1で勝つと、16日には作新学院(栃木)が
    岡山学芸館(岡山)に18―0で大差勝ち。13日には、智弁和歌山(和歌山)が
    明徳義塾(高知)戦で大会タイ記録の1イニング3本塁打をマークした。

    冒頭のスカウトは「プロ野球で使えなくなった飛ぶボールでも使っているんじゃないの?」
    と、冗談を交えてこう言った。

    「何より『飛ぶバット』が大きいよ。性能は昔よりも格段に向上した。
    金属の素材が良くなり、さらに薄く壊れやすくなった半面
    反発力が増して、こすった打球でも外野の頭を越えたり、スタンドインしたりする。
    これがひいては上体に頼った力任せの『金属打ち』に拍車を掛けている。
    プロ入り後に伸び悩む高校生は、金属打ちが染みついているから。
    米国の高校では、あえて飛ばない金属バットを使って、技術向上を図っている。
    高校野球も、木製バットを導入する時期に来ているのではないか」

    【プロスカウト「高校野球は木製バットを導入すべき、打球が飛びすぎる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ