小林誠司

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549344183/
    img_20180402222232126_1996395777627435777

    1: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 14:23:03.26 ID:5KcYaoeTa
    「自分の野球の話してると暗くなる」

    試合数はこなしてきた。
    それでも球団から補強という形で毎年“挑戦状”を突きつけられる。

    「チームが勝たんとあかんと考えたらそう(補強)するしかないんじゃないですか。僕がやっぱり力無いし、物足りないしっていうのがあるから」。

    ファンを魅了する爽やかな笑顔の裏で、もがいている。
    「さみしなるんですよね、家で一人じゃないですか…」。

    試合が終わって戻った都内のマンションの自宅。考えることは結局、野球のことになる。

    「何してんやろ、今日の試合ダメだったしなあ、って寝付けない。シュンとなって、は~ってなって。コテン、と気持ち良く寝たことなんてない」

    ぐずぐずと考えていると知らない間に寝入り、そして朝を迎える。
    寝起きの機嫌はすこぶる悪いらしい。

    「朝起きたらだるいし、あぁまた球場行かないといけない、って」。

    逃げる場所もない。試合は続く。車を走らせ、球場にたどり着く。そして―。

    「カラ元気。カラ元気。逆にそういうテンションにしんと、体動かん。アホにならんと。そうじゃなきゃ、保てない。心、病んでますかね?」

    https://news.line.me/issue/oa-hochigiants/f70e5bbdd15d

    【【悲報】小林誠司さん、病んでる 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548973696/
    img_20180402222232126_1996395777627435777

    1: 風吹けば名無し 2019/02/01(金) 07:28:16.43 ID:gHQbrm4R0
    何?

    【巨人小林誠司(今年30歳)がここまで過大評価や擁護をされてしまう理由 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548891666/
    img_20180402222232126_1996395777627435777

    1: 風吹けば名無し 2019/01/31(木) 08:41:06.99 ID:nLmyYtnZ0
    広島野村

    【【急募】巨人小林とトレードで釣り合う選手 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548461825/
    img_20180402222232126_1996395777627435777

    1: 風吹けば名無し 2019/01/26(土) 09:17:05.53 ID:WYRIToy/M
    ハンカチ+松本剛か浅間あたりならありそう

    【小林誠司⇔ハンカチ王子が今年中に実現する可能性 】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546608397/
    img_20180402222232126_1996395777627435777

    1: 風吹けば名無し 2019/01/04(金) 22:26:37.06 ID:BfuWQ/hJ0
    「とにかく打たないと後がないと思う」
    2019年のシーズンに向けて、巨人の小林誠司捕手が掲げたテーマは打撃だった。
    「最低でも2割4分。本心から言えば2割5分。もうちょっと打てば、すごいキャッチャーになる」
    秋季キャンプでは原辰徳監督から、こう最低ノルマが課され、お尻を叩かれたという経緯もある。
    だが、である。
    なぜチームがわざわざFAで炭谷を獲得したのか。その背景を探ると、打つことだけでは、小林が再び巨人の正捕手を奪回できるとは到底思えないのだ。
    ライバルの炭谷の今季の打撃成績は47試合で2割4分8厘。プロ13年間で2割5分を越えたのは2017年の2割5分1厘の1度だけしかない。
    「個人的に彼に言ったのは(打率)2割5分」
    炭谷の入団会見で原監督が掲げたバットへの要望は、実は小林とどっこいの数字だった。
    それでもなお指揮官が炭谷獲得に動いた背景として大きかったのは、実は小林が自信を持っている守りに対する物足りなさだったのである。
    以前にもこのコラムで書いたが、小林は審判の判定に“腰を使う”癖がある。また捕球の際にミットが動くなど欺瞞的な動作でも、アンパイアからは“要注意捕手”とマークされている。
    その一方で炭谷には谷繁元信元中日監督が「日本一」と太鼓判を押すキャッチング技術があり、日本シリーズでMVPを獲得したソフトバンク・甲斐拓也捕手もお手本にする絶妙なフットワークもある。
    そういう捕手としての本質的な素養が炭谷獲得の背景にはあるわけだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00833009-number-base

    【【悲報】小林誠司さん、巨人の正捕手を奪回するのは到底不可能だった 】の続きを読む

    このページのトップヘ