菊池雄星

    • カテゴリ:

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560110073/
    12043026

    1: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 04:54:33.57 ID:/VGWcZ/Op
    5/25 OAK 3回1/3 74球 10安打 1本塁打 1四球 1三振 5失点
    5/30 LAA 3回1/3 73球 10安打 2本塁打 2四球 0三振 6失点
    6/08 LAA 3回1/3 79球.  9安打 3本塁打 3四球 1三振 7失点
    3試合 10回 226球 29安打 6本塁打 6四球 2三振 18失点 防14.40

    ヤバくね?

    【菊池雄星が全く通用しないMLBってヤバくね?ww 】の続きを読む

    • カテゴリ:

    転載元: 

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557363818/
    1: 風吹けば名無し 2019/05/09(木) 10:03:38.75 ID:KGy89cEsd
    no title

    【【悲報】菊池雄星さん、松脂ヌリヌリしてたくさい… 】の続きを読む

    • カテゴリ:

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546651380/
    spo1901010011-p1

    1: 風吹けば名無し 2019/01/05(土) 10:23:00.69 ID:AtE3P0mM0
    入団会見で英語の質疑応答をした模様

    【【朗報】菊池雄星、英語がペラペラだった 】の続きを読む

    • カテゴリ:

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546493093/
    spo1901010011-p1

    1: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 14:24:53.94 ID:F9IMEsb+0
    二 .268 04本 036打点 出塁率.288 OPS.637 ゴードン
    中 .296 02本 040打点 出塁率.367 OPS.773 スミス
    右 .285 26本 093打点 出塁率.366 OPS.859 ハニガー
    指 .246 32本 107打点 出塁率.336 OPS.810 エンカーナシオン
    捕 .275 09本 030打点 出塁率.366 OPS.794 ナルバエス
    三 .221 22本 078打点 出塁率.273 OPS.673 シーガー
    一 .235 24本 073打点 出塁率.277 OPS.688 ヒーリー
    左 .223 09本 037打点 出塁率.310 OPS.680 ブルース
    遊 .214 03本 012打点 出塁率.318 OPS.712 クロフォード

    どうすんねん・・・

    【【悲報】マリナーズ菊池雄星さん、打線から援護がもらえなさそう 】の続きを読む

    • カテゴリ:

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546372822/
    spo1901010011-p1

    1: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 05:00:22.85 ID:+qit9wHS0NEWYEAR
    米記者が契約詳細をレポート、菊池が3年目までに大活躍すれば球団に有利?

     合意に達した菊池雄星投手とマリナーズの契約が明らかになってきた。米記者によると、球団側が望めば最大で7年総額1億900万ドル(約120億円)に達することになるという。
    一方で、思ったような活躍できなくても、菊池が望めば最低でも4年間はマリナーズに在籍できる内容となっている。

     31日(日本時間1日)に最初にマリナーズと菊池の契約合意を報じたのは、スクープを連発する敏腕記者として知られる米メディア「ファンクレド・スポーツ」のジョン・ヘイマン氏。
    一夜明けた1日、さらに細かい契約内容について伝えた。

     同記者によると、菊池の最初の3年間の年俸は総額4300万ドル(約47億3000万円)。
    2021年終了時点で球団がオプションを行使すれば4年総額6600万ドル(約72億6000万円)の契約延長が可能となる。
    つまり、7年総額1億900万ドルの契約になるという。

     一方で、球団が3年目終了時点で4年の契約延長オプションを行使しなかった場合、選手側のオプションで2022年まで契約を伸ばすことが可能。
    その場合は、年俸1300万ドル(約14億3000万円)になるという。
    つまり、菊池サイドは最低でも4年総額5600万ドル(約61億6000万円)の契約を確保していることになる。まさに超変則の契約となっている。

     現在27歳の菊池が3年間で大活躍した場合、普通ならば2021年オフにFAとなって大型オファーを受けることができるが、好結果ならマリナーズがオプションを行使することが確実。
    4年総額6600万ドルは年平均1650万ドル(約18億円)となるため、メジャーの一流投手としては決して高くない。
    そのため、マリナーズ有利な契約にも見える。

     一方で、3年間での成績が思わしくなかった場合でも、菊池は4年目の契約を確保できる。
    そこで巻き返せば、2022年オフにFAとして勝負することが可能で、菊池にもメリットがある。
    結果的にどちらに有利に働くだろうか。(Full-Count編集部)

    よくわからんけど菊池は評価されてるってことなんこれ?

    【菊池雄星の契約もうなんだかよくわからない 】の続きを読む

    このページのトップヘ